検索
  • 東範彦

9/21 インフルエンザの予防接種は10/15に開始!&アメリカでのコロナ新規感染について。



こんにちは!

かなり涼しくなりましたね。


今年のインフルエンザの予防接種の概要が決まりました!

10/15から接種スタートです。

当院では1回目が3800円(税込み)、2回目は3100円(税込み)です。

小学生になる前の乳幼児なら名張市から各回2000円の補助がでます。

そのため、乳幼児は1回目が1800円、2回目が1100円となります。


昨年よりインフルエンザが流行すると予想されているので、接種をお勧めします!

予約は0595-65-2130まで電話下さい。


さて、新型コロナウイルスの感染者数も減少傾向で、緊急事態宣言がようやく解除されそうです。

嬉しいですね!!l


ただ、減少したのがワクチンの影響や緊急事態宣言の影響かと言うと少し微妙・・。


アメリカでワクチン接種率が最も高い3つの州である、MaineとNew York、Vermontで新規感染の増加率が最も高くなっているようです。(2021年9月20日時点)





Maine州では67.92%の方がワクチン2回接種しているのに、増加率が100%と最も高くなっています。

New York州では62.18%が接種しているのに増加率が43.13%、Vermont州では最もワクチンの接種率が高く、71.30%が接種しているのに34.07%の増加率です。


ワクチンで感染予防効果に関してはやはり微妙かなと(^^;)


世界の感染者数の推移も見ていきます。

ワクチン接種率の高いイスラエルやイギリス、アメリカでは相変わらず多いですね。

一方、最近は騒がれていませんがワクチン接種があまり進んでいないインドではかなり少なくなっています。


やはり、重症化の予防には効果的ですが、感染そのものをワクチンで抑えるのは難しいと感じます。


過去の記事はこちら↓












117回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示