検索
  • 東範彦

11/2 こどもの便秘について



こんにちは!

今年もあと2か月ですね。


新型コロナウイルス感染の減少傾向が続いていて嬉しいです。

このままリバウンドなく過ごしたいですね。


3回目のワクチンは微妙。。

また情報を集めてブログで発信したいと思います!!


また、インフルエンザの予防接種を開始していますが、待ち時間が長くなり申し訳ありません。

どうしても夕方は混むので、午後の早めの時間か午前中にいらして頂けると助かります。


さて、今日はこどもの便秘について書きます。


こどもが腹痛を訴えている原因の多くは便秘です。

便が実際に出ているように見えても、実際は固いコロコロうんちだったりします。

理想は下の4番くらいのバナナ状うんちです。



特に、寒くなってくると水分の摂取量が減少してきて便が固くなり、便秘になるお子さんが増えます。


水分摂取を促すことと食物繊維を食べる事が重要ですが、これだけでは改善

しない子もいます。


その場合は便秘薬の出番になります。


便秘薬は大きく分けて2種類あります。


① 腸管の中に水分を引き込んで便を柔らかくする薬。

  ・酸化マグネシウム

  ・モビコール

② 腸に刺激をかけて腸を動かせて排便を促す薬。

  ・ラキソベロン

  ・プルゼニド

  ・アローゼン


即効性はありませんが、こどもには①のタイプの飲み薬が推奨されます。

②のタイプはどうしても出ない時に一時的使用する事が多いです。


もし便秘気味かなーと感じるようでしたらご相談下さい!



17回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示